USBマイクを入手

先日コラボ動画に参加したわけですが、その時はiPad mini の内蔵マイクで録ったんですね。
で、ちょっとなぁとなったわけです。
そこでまずは外部マイクから仕込もうと思ってこれ。
RODEのUSBマイクです。
これをどう使うかっていうのは後々のお楽しみです。

B3409E55-02C1-4479-B60E-7E5509D57422.jpeg

コラボ動画です!

先日、音楽繋がりのあゆさんが提案してくれたコラボ動画に私も参加させていただきました。

大勢のミュージシャンが次々と音を重ねて、最終的なミックス作業大変だったと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=4mGlbcnGNHo&list=FL7hr0kVfExS6mR7RxFk3VYw&index=2&t=0s
今回ソプラノサックスで参加しましたが、後から改めて聴くといろいろと反省点満載ですね。
まぁこんなご時世ですから、とにかく楽しく!ということで。

涼風祭サポート無事終了です

8月31日、g.androgyny主催のライブ涼風祭が無事終了しまして
わたしのサポートもひと段落しました。
今回はg.androgynyさん全曲、そしてsekky☆shinさんに1曲飛び入り的参加ということで
相当充実していましたね。
金曜日の夜から寝ずのライブ〜打ち上げオール朝帰り35時間生出演ということで
それなりに気合いを入れて臨みましたが、なんとかなった自分を褒めたいと思います(笑)
画像をいろいろいただきましたのでいくつかアップしておきます。

65264087-7FC7-4214-9C06-0D8AB8D54CD5.jpeg513FDE07-46B8-47B9-A208-FBDEC6DD5523.jpegCF13B7F9-84A5-4B1F-BA65-BF3CFCA2C7BF.jpegDAA68FB2-32A9-4D72-8F7A-3C9D615587FF.jpegAAAEEA3A-1F27-4ACF-8F68-D7EE292D5290.jpeg29F31B05-BDBC-42C3-BAB4-7A9855649D6F.jpeg

テナーサックスです

1911BB76-B5E9-4B3A-B7EA-584C683B0A25.jpeg

とうとうテナーサックスを手に入れました。
フラセル markⅦ 1978年の楽器です。
楽器店での購入ですがアメリカ買い付けで程度がとても良く
当時の純正ケースと皮ケースカバーまで付属というラッキーな品。
アメセルとも吹き比べたのですが変な癖がなくダントツに良かった。
160万のアメセルと比べましたがやはりこの楽器がgoo。
ケースはめちゃくちゃ重いので、移動用にjacob winterの軽量ケースを発注しました。
マッピはオーソドックスにリンクです。
以前所有していたヤマハ82Zも良かったですが、さらに息が楽に入る感じです。

なんと1年近くぶりの更新とは

ということで無事に生きているirisaxです。
さて近々の活動状況ですが、8/4(日)に早稲田のRinenという箱で
g.androgynyさんのライブサポートを無事に終了しまして
さらに
8/18(日)には渋谷のgabigabi
8/31(土)は再び早稲田Rinen
いずれもg.androgynyさんのサポートでパフォーマンスです。
相変わらずのノリノリでいきたいと思います。
乞うご期待!!

ミキコ バースデーライブ2018 サポートします

10月9日(火)
四ツ谷 SOUND CREEK Doppo

open 19:00
start 19:30
charge \3000.-(ドリンク別)

ミキコ Vocal&piano

Violin    堀川 萌子
Percussion  多鹿 大介
Drums     カワサキ ヒロユキ
そして
S.Sax      入川 進之介
でお届けします。

作詞・作曲ミキコさんの数珠の作品の数々を是非聴きに来て下さいね。

画像

ライブ終了しまして・・・

画像


画像


g.androgynyは衣装にも凝っていまして、もれなく私も。
2,30年前に衣装にこだわったユニットを組んでいたことがありますが、それ以来。
ヨーロッパ調は久しぶりでした。
今回は14日のライブでも共に参加したサポートコーラスのおりお嬢に加え、アコースティックギターの田中亮氏も参戦。
従来の劇団androgyny4名+3ということで華やかさ満開。
オーディエンスの皆様も盛り上がっていただき、大盛況のうちに終えました。
今後も劇団androgynyアコースティックバージョンで呼んでいただくことがあると思います。
その時はまた是非遊びに来てください。

4/21もライブサポートです

4/14の大久保Hotshotでのライブ、何とか無事に終了しまして、
早々に21日に向けてモチベーション高めております。

画像


画像


おきあがりこぼしプロジェクトには私自身かなり久しぶりの参加になります。
もう22回目ということで企画しているきじまみ嬢には頭が下がります。
今回も再び劇団androgynyのアコースティックバージョン、g.androgynyのサポートメンバーです。
バンドだけでなくお笑いなどの出演もある楽しいイベント。
お時間ございましたら是非お越しください。

ボチェッリもどき

先日10月9日の「ミキコ バースデイライブ」の告知で、ちょっと歌!と書きました。
実はミキコさんがライブ1曲めに選んだのが、アンドレア ボチェッリとサラ ブライトマンで有名な「Time to say goodbye」だったのです。
そして私は、ボチェッリパートの1部分を歌うことになっていたのでした。
クラシック系の歌は、なんと30数年前オラトリオ合唱団でヘンデルのメサイアを歌って以来。
あの時は確か池袋の芸術劇場で年末1日限りのコンサートのために、随分長いこと練習をしました。
先日のライブは、ほんの10小節ほどでしたが、いやぁ緊張しました(笑)
おまけにミキコさんからは「イタリアからボチェッリさんが来てくれました」なんて紹介されて恐縮しきり。
とは言え、やっちゃったもんはしょうがないので、写真をアップします。
動画もあるようですが、それは後日(かも)


画像

垂涎のLebayle

5~6年前でしょうか。
アメセルのヴィンテージ6を使っていた時に付けていたマウスピース。
Lebayle
いろいろとマウスピースは試しましたが自分には一番しっくりとくるマウスピースでした。
それを訳あって手放してしまったのは・・・。
その後サックス本体をキャノンボールに買い替え、さてLebayleと探した時にはもうすでに入手困難な状態に。
フランスで作っているマウスピースですが、どうもほとんど作らなくなっているらしく、しかしその真偽のほどは石森管楽器さんで聞いても分からないという返答。
いつ入ってくるかもわからないという状況で、ユーズドでの出物をずっと探していたのです。
この5年ほどの間に2本見つけたもののオープニングがいまひとつ合わない。
そのLebayle
とうとう手に入れました。
オープニング7の程度の良いものです。
個人売買のサイトで見つけて即購入。
しかも思いのほかお安く!
自分としてはとても嬉しいニュースなのでお知らせしました。

画像

久しぶりのライブ告知です

ミキコ バースデイライブ 2017
10月9日(月) @ 四ッ谷 Sound Creek Doppo
〒160-0003 東京都 新宿区宮司1-6-20
http://www.doppodoppo.com/index.php

open 19:00
start 19:30
charge \3000

Vo&Piano ミキコ
Dr カワサキ ヒロユキ
Per 多鹿 大介
Sax 入川 進之介

今回はソプラノ&アルトサックス2本立て+チョビッと歌でサポートします。

画像


ご都合よろしければお越しくださいませ。




もう一度逢えたら—父に告知せず、十三年間の事実と偽りのはざまで。
文芸社
中澤 美喜子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by もう一度逢えたら—父に告知せず、十三年間の事実と偽りのはざまで。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

12月20日はライヴサポートです!

久しぶりですが12月20日(火)にホーンセクションのメンバーとしてライヴ参加します。

詳細は下記フライヤーのとおり。

画像


先週と昨日リハーサルでした。
輝世と小粋なCo-starsのエクストラバージョンホーンセクションとしての参加。
時々呼んでいただいていますが、今回は新たなホーンアレンジのもと素敵な楽曲をお楽しみいただけることでしょう。

お時間ございましたらお越しください。

DJ night at Kasai 9/30 

画像


地元葛西での企画イベントです。
DJ mako を迎えてのノンストップミュージックに加え、今回は生楽器をコラボレーションしていくという内容。
私もSax持参で参加します。
管楽器・弦楽器・打楽器etc プロアマ問わず楽器持参で参加歓迎です。
DJが繰り出す音楽に即興でセッションしましょう。
演奏する人も聴く人も、一緒に盛り上がって楽しめる、そんなイベントにしたいと思います。
演奏参加の方も特別な参加費は不要。
2ドリンク込2000円のチャージでどんどん演奏できますよ。
ご参加お待ちしています。

ライヴ終了しましてん!

5日(金)の雨本ふみさんワンマンライヴ。
大盛況のうちに無事終了しました。
MANDA-LA2は超満員となりまして、そんな中サプライズバンドメンバーとしてバンドバージョン3曲をサポートしました。
いやーっ楽しかったです!!
雨本さんのアバンギャルドで、なのに繊細なアンニュイさを含んだ楽曲の面白さ巧みさがそそられるのはもちろんですが、お客さんの反応、そして箱である曼荼羅2さんのステージのやりやすさも手伝って、3曲なのに充実感たっぷりでした。
でももっと演りたい感じ。
またお誘いいただけることを期待しています。
今後の「雨本ふみ」さんに注目ですよ!!

画像


画像

5日は久しぶりのライヴサポートです

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。

8月5日(金)は吉祥寺曼荼羅Ⅱでの久しぶりのライヴサポートです。
アバンギャルドな歌姫「雨本ふみ」さんのバンドバージョンのサポートとして数曲参加させていただきます。
本日(3日)はそのリハでスタジオ入り。
リハはこの1回だけですが、何とか大丈夫だと思います。
楽しく刺激的なステージのお手伝いができるよう頑張りますね。

良かったら遊びに来て下さい。

画像

4月24日のライヴは無事終了しまして・・・

日が空いてしまったのですが、無事終了のご報告を。

声優の川瀬ゆう子さんの歌伴
劇場型ライヴをオリジナル楽曲で楽しませてくれる輝世さんのホーンセクション
そしてジャズボーカリスト中谷泰子さんの歌伴
さらにジャズインストもの
さらにさらに、故忌野清志郎のバックコーラスで活躍していたNorikoさんのヒールザワールド(M.ジャクソン)
に至るまで、ホント盛りだくさんなライヴでした。
しかもバースディライヴ(ホントは沼さんの)ということで4月生まれも一緒にお祝いしてくれて、ケーキもいただきました。

事前リハは19日の6時間強くらいのスタジオのみで突貫でしたし、当日は午前中から護国寺への野暮用、午後は西葛西の空手、ちょっと早めに上がっての支度後すぐに出発し調布へ。
やはり1時間半くらいかかりますな。
本番前のリハは少しだけ参加してのバタバタのスタートでした。

主催の沼さんこと沼田光雄さんはボントロ奏者ですが、まさにその音の如しおっとりした性格が人を引き付けるのですね。
和やかであったかいライヴでしたよ。

調布Ginzはハイソ出身で数多くのアーティストと共演しているサックス奏者小川銀士さんがオーナーのお店です。
ということで銀士さんも一曲テナーで吹いてくれました。

アンコールは想定していた曲が無くなってしまってどうしましょう???
ということになったのですが、カンタロープアイランドを急きょやることになり、ポントロ+銀士さんテナー+私のアルトという競演が実現しました。
久しぶりのジャズセッションで楽しかった!!

来てくれたカミサンからも「ジャズはいいねぇ!!」と一言。

先々の予定は未定ですが、また楽しいライヴに参加できることを心待ちにしています。

Live under the Sky を思い出した

フェイスブックでライヴアンダーザスカイのソニーロリンズの音源をアップしている人がいて、それで急に思い出したのです。

そう言えばライヴアンダーザスカイに1度行ったことがあったのを。

チックコリアのV.S.O.Pなどが出演していたのですが、とにかく土砂降りだった。
で、調べてみたらどうやら1979年に開催された時が「雨の田園コロシアム」として伝説になっているらしく、まさにその瞬間に私はその場にいたわけです。

土砂降りってもんじゃないくらいバケツをひっくり返したようなひどい降り方で、今考えるとよくもまぁ主催者が中止にしなかったなぁと思うほど。
田園コロシアムはテニスの大会などを行う場所なので、周囲の観客席部分と特設のステージ前にあるいわゆるアリーナ部分(パイプイスが並べてある)があるのですが、当時私はアリーナ部分にチケットを取っていて席としては良い位置でした。
確か会場に着いた時点では降っていなかったように記憶していますが、土砂降りになり始めてからどんどん足元に雨水が溜まり、とうとうくるぶしくらいまで水に浸かったのです。
周りに観客がいるので当然傘を差す人はほとんどなく、会場で売られたビニールカッパかもしくはそのまま濡れるか。
私はそのままずぶ濡れになりながらライヴに熱狂しました。
全身ずぶ濡れを覚悟すると、人って何かタガが外れたようにボルテージが上がるんですね。
みんな「行けー!!」とか「ウオー!!」と言った歓声とも怒号ともつかないような熱狂のもと盛り上がったのを覚えています。
ジャズのライヴにも関わらず、です。
私が15才の記憶ですからかなり印象に残っているんですね。

その後騒音問題で田園コロシアムから読売ランドに場所を移したようですが、今は田園コロシアムは取り壊されてマンションとか公園とかになっているようです。
たぶん田園コロシアム自体知らない人も多いのではないでしょうか。
懐かしい思い出です。

あっ言うまでもなく熱狂の後は全身ずぶ濡れの若者が東急に乗って帰ったのです。
乗客は何事かと思ったでしょうね(笑)